イエローハット情報サイト!オイル、タイヤ、メンテナンス工賃や料金など色々な役立つ情報を紹介

イエローハット店舗ナビ

お役立ち情報

車の室内温度を一瞬で下げる裏ワザは?夏の車内温度について

更新日:

車 車内温度

夏の炎天下に駐車した瞬間から、車内の温度は一気に上がってしまいます。用事を済ませて帰って来た時の事を考えると、余計ぐったり感が増してしまいますよね。

この炎天下の中で車内をいかに、すばやく温度が下げられたらと常に考えてしまう事でしょう。ドアロックを外したときに中がシャキーンと冷えたらいいな~って思いますよね。その魔法のような裏ワザをご紹介します!

スポンサーリンク

夏、晴天下の車内温度はどのくらい?

炎天下 温度

夏の炎天下に青空駐車場に車を停める事は結構あると思います。仕事や買い物などで車に戻るときの気の重さといったら表現できない様なぐったり感だと思います。

ドアを開けた瞬間にムッとした熱気が襲いかかってきます。言葉にすらできないようなうめき声をあげてしまいますよね。この時の車内の温度はいったいどのくらいあるのでしょうか?

JAFの実験では黒の車でエンジンを切った後、30分後には車内温度は45度、更に時間を進めていくとエンジン停止後から3時間で55度を完全にオーバーしてきます。中はサウナ状態です。車体の色が白ければもう少し温度は下がるでしょうが、それでも50度は超えてきますからね。

夏の車内温度の上昇の特徴について

炎天下の中で車内の温度が55度を超える事がわかりましたが、温度の上昇する特徴はあるのでしょうか?

先ほども紹介しましたが、エンジン停止後30分には45度になっていますが、実はエンジンを切った直後から車内の温度は急激に上昇し始めるのです。

1時間が経過した辺りから車内温度は高止まり傾向に入って行きます。1時間を経過辺りは、ほぼ車内温度は横ばいから若干の上昇傾向になります。2時間経過した辺りで最高温度をマークし始めます。車のエアコンがどれだけ炎天下で効果を発揮している事がわかると思います。

サンシェイドをしている車を見かけますが、こちらは若干の効果は有るものの車内の温度上昇を止める事は出来ていません。ある程度の上昇を抑える事ができたのが、全ての窓を3センチほど開けていた場合には、気温は上昇しますが、50度を超える事が無いようです。換気が多少出来ると言う事なのでしょう。それでも45度は行っていますから、人間にとっては危険な温度には変わりがありません。

スポンサーリンク

短時間でも子供を車内に残すとどうなる?

車内に残った子供

ここ最近では、車内に子どもを乗せたまま、買い物やパチンコに行ってしまう親のニュースが減ってきていると思います。それでも、やはり置き去りにしてしまう方もいるようです。では実際に子どもを車内に置き去りにした場合には、子どもはどうなってしまうのでしょう。考えただけでもゾッとしてしまいます。

エンジンを停止した直後から車内温度がグングン上昇します。いくら窓を3cm開けているからといっても40度を超えてきます。この段階で熱中症の危険域に入ります。当然子どもですから、自ら車を降りる事も出来ないでしょうし、脱水状態になっているという事を考えると、動く事すらできないかもしれません。最終的には手遅れと言う場合も考えられますからね。

炎天下だけでなくても車内に子どもを残す事はかなり危険な行為としか言いようがありません。

ダッシュボードに物を置いていてもいいの?

車のハンドル

炎天下に駐車した車内の温度が最高で55度オーバーですが、直射日光が当たるダッシュボードの温度はどのくらいまで上昇するのでしょう。ダッシュボードは触らないかもしれませんが、ハンドルはどうでしょう?ハンドルも握る事が出来ないぐらいの熱を帯びる事になります。ハンドルでこれですから、ダッシュボードは更に熱いはずです。

ダッシュボードの温度は実に70度まで達する事があります。完璧に触ったらヤケド決定です。

その上にスマホやライターなどを放置したらどうなると思いますか?スマホは確実に機能が停止し、画面に高温注意という表示がされるだけで動かなくなります。100円ライターなどは、ライター内部のガスが膨張する為に破裂し、引火する危険性もあります。制汗スプレーを持ち歩いている方も多いでしょう。これを車内に忘れた場合にも膨張して破裂する可能性が非常に高いです。子どもが置き忘れたクレヨンなどは溶けてしまいます。

この事からやはり炎天下の車内のダッシュボードの上には何も置かない方がいいでしょう。最近流行りの消えるボールペンで書いたメモ書きは確実に消えてしまいますから、要注意ですよ~。

スポンサーリンク

車内温度を一瞬で下げる方法を2つ紹介

炎天下で温められた車内の温度を一瞬で下げる方法があるのでしょうか?基本的には車内にこもった熱をいち早く外に放出する手段を取る事です。

車のドアを数回開け閉めする

この場合には、開閉するドアの反対側、若しくは対角上のドアの窓を全開にします。この状態にしてドアを開閉する事で、車内に外の空気が入り込み、車内の熱い空気が外に押し出される事になります。

これを数回するだけで、車内の温度は外気温とほぼ同じ状態になります。

車のありとあらゆるドアを開ける

これは熱を解放する為に、全てのドアを開ける事で風通しを良くする事も考えられます。熱い空気は上にのぼりますから出口さえ作れば自然と外に流れ出て行く形になります。

5ドアなら5ドア全部全開にします。セダンや2ドアの場合にはトランクがありますからトランクも開ける事を忘れない様にしましょう。

この2つの方法を行うだけで、エアコンが早く効き始めることになりますから、最終的には燃費にも微弱ながら影響してきます。

まとめ

炎天下に置くだけでも、今の日本の夏は危険な温度になってしまいます。車内に熱がこもってしまうのはボディ全体が熱せられている為に、日陰に置いても車内は暑いままと言う事になります。

ボディの熱を取るだけでも車内温度は劇的に下がります。青空駐車場に停めた場合近くに水道があれば車に水をかけると早いですけどね~。裏技はかなり効果を発揮しますから実践してみて下さい。

スポンサーリンク

★新車を購入をお考えなら必見!!知らずに損をすることも

車の買い替えの際、愛車の査定相場を把握しておかないと、ディーラーで下取りを安く提示されている事もわからず、大きな損をしてしまいます・・・

・走行距離が多い
・事故歴がある
・年式が古い
実はこういう車でも高値が付く事も多いんです!

最大65万円も差がでた車もありますのでネットの一括査定サービスを利用しましょう。

今乗っている車を一括査定して、愛車の最高額を知ることで買い替えの際に買取額を把握できます!

【簡単査定ガイドの特徴】 査定ガイド

無料で簡単に査定可能(愛車の情報を入力)
●入力してたった1秒で愛車の最高額(概算)がわかる
●最大10社の大手買取業者から一括査定、比較できるので安心

 

>>『かんたん車査定ガイド』公式サイトはこちら

-お役立ち情報

Copyright© イエローハット店舗ナビ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.