イエローハット情報サイト!オイル、タイヤ、メンテナンス工賃や料金など色々な役立つ情報を紹介

イエローハット店舗ナビ

お役立ち情報 メンテナンス関連

車のエンジンルームから煙が出る原因と対処法は?

投稿日:

ボンネット 白煙

日本の自動車に関する事では車検制度が充実している事によって、大きなトラブルは基本的には昔よりはるかに減っています。

いくら、車に毎日のっているからと言っても、走行中にボンネットから白煙が登り始めたら、結構焦ってしまいますよね。「えっえっ!?」って感じでしょう。

ではこの煙が上がる原因とはどんなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

エンジンルームから白煙が出る3つの理由は?

エンジンルーム 白煙

整備もしているのに、突然ボンネットから白煙が上がると、一瞬頭の中が真っ白になってしまいます。ではエンジンルームから白煙が上がる理由は何なのでしょう。

1.車両火災
電気系・燃料系・排気系の3つパターンが考えられます。基本的にはパーツの不具合が考えられます。

2.エンジンオイル漏れ
エンジンオイルが漏れていたり、オイル交換の際に、作業員が誤ってこぼしたオイルがエギゾーストパイプなど高温になる部分に付着すると、走行中に白煙が上がります。

3.オーバーヒート
オーバーヒートは冷却水の漏れてしまっていたり、不足する事でエンジン内部が異常加熱し白煙があがり始めます。

エンジンオイルの漏れが原因の場合の対処法

エンジンオイルの漏れが原因で白煙が上がってしまった場合には、とりあえず、車を安全な場所に停車させます。その時に、白煙が収まってボンネットが触れる位の温度になるまで待ちましょう。

ボンネットを開け、オイルの焦げた臭いがした場合には、オイル漏れか、オイル交換した場合にはオイルがエギゾーストパイプに付着してしまった事が考えられます。この段階で、オイルゲージでオイルの量を測りましょう。

オイルの量が激減している場合にはオイル漏れの可能性が出てきます。この場合には即ロードサービス又は修理工場に連絡をする必要があります。

オイルが減っていない場合には、とりあえず走行してみてから、修理工場で点検してもらう方がいいでしょう。オイル交換をしてすぐに白煙が上がる場合には、お店にすぐ連絡しましょう。

オーバーヒートが原因の場合の対処法

オーバーヒート 対処法

オーバーヒートの場合も車を安全な場所に停めて、白煙が収まって、ボンネットの熱が冷めてから開けてください。この時に、ラジエターキャップを開けるのは危険ですから止めましょう!

リザーバータンクの状態を見て、カラカラの場合はクーラントが無い状態ですから、とりあえずリザーバータンクにクーラント又は水を入れましょう。その後、ロードサービス又は修理工場に連絡して、車を牽引してもらう必要があります。

リザーバータンクに液がある場合には、別の要因でオーバーヒートしている可能性があるために、この場合も無理をせずに、牽引してもらうのが得策です。サーモスタッドを取り外す強引な方法も有りますが、それは危険が伴うのでやめておきましょう。

スポンサーリンク

白煙が上がった車は乗らないほうがいいの?

白煙が上がった車はのらないほうがいいのか?…これは、正解です。

オイル交換でエギゾーストパイプに付着しただけの場合は問題がありませんが、その他の原因の場合では、シリンダーの損傷につながる事態に直結します。シリンダー損傷になるとエンジンすら掛からない状態になり、最悪の場合はそのまま、廃車と言う事も考えられます。

早期発見した場合には、トラブルした場所の修理だけで済みますが、無理をしたらその分の代償は余計高くつくと考えてもらった方がいいですね。

自分で出来る日常点検のポイントについて

車 点検

皆さんは、車に乗る前には日常点検をする義務がある事をご存知でしょうか?道路交通法には「日常点検してください」と書かれているんです。

と言ってもほとんどの方はしていないでしょうから、せめて洗車をした時やガソリンスタンドに行った時にボンネットを開けて

  • エンジンオイルの量や汚れの確認
  • 冷却水の量の確認(リザーバータンクを見てください)

をしましょう。他には駐車場に停めている部分にオイルやクーラントが漏れていないかの確認はしておきましょう。ポタポタ状態だとかなり危険ですからね。

これらをチェックする事で、オイルやクーラントの量の確認が確実にわかるからです。早期発見・早期治療が車も大事ですからね。

まとめ

エンジンルームからの白煙はドライバーにとっては非日常の出来事ですから、パニックに陥るのは仕方がありません。パニックを起こしても冷静に対処して安全に車をまず止める事が第一ですからね。

後は、ヤケドをしない様に注意しながら対処するしか有りません。

日頃の点検を確実にしておけば、白煙が上がる事はまずないですよ♩

スポンサーリンク

★新車を購入をお考えなら必見!!知らずに損をすることも

車の買い替えの際、愛車の査定相場を把握しておかないと、ディーラーで下取りを安く提示されている事もわからず、大きな損をしてしまいます・・・

・走行距離が多い
・事故歴がある
・年式が古い
実はこういう車でも高値が付く事も多いんです!

最大65万円も差がでた車もありますのでネットの一括査定サービスを利用しましょう。

今乗っている車を一括査定して、愛車の最高額を知ることで買い替えの際に買取額を把握できます!

【簡単査定ガイドの特徴】 査定ガイド

無料で簡単に査定可能(愛車の情報を入力)
●入力してたった1秒で愛車の最高額(概算)がわかる
●最大10社の大手買取業者から一括査定、比較できるので安心

 

>>『かんたん車査定ガイド』公式サイトはこちら

-お役立ち情報, メンテナンス関連

Copyright© イエローハット店舗ナビ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.