車は決算期の値引きがヤバい!!決算セールや商談でさらにお得に♩

車 決算セール


みなさんは新車を購入する時はどんな時期を選んでいるでしょうか?

多くの方が3月の決算時季9月の中間決算時期を中心に購入するのがお得と思っているはずです。確かにこの時期は、メーカーや販売店は必死に売り上げを伸ばす努力をしています。

では本当にこの時期が一番安く車を購入することが出来るのでしょうか?


この記事の内容

新車・乗り換え・車を廃棄したいなら必見

実はイメージ(古いから、故障してるから)で判断して、愛車の価値を知ろうとせずに損してる人が多いんです。

オススメのポイント
  • 10年落ち・10万km走行の車もお任せ
  • 買取金額+自動車税還付金が受け取れる
  • 書類の手続き代行+全国引き取りがすべて無料
  • 来店不要・お電話1本のみ

10年落ち・10万㎞以上・事故歴のある車・故障車(不動車)・車検切れ車など、実はこういう車でも高値がつくことが多いんです!愛車の相場を知らなくてディーラーや買取業者で下取りを安く提示されているとわからず損をしてしまいます。

年間10万件突破、満足度95%のCMでも話題のカーネクストの新サービスなら簡単20秒で査定額がわかります。

ディーラーで安く車を買うおすすめの購入時期は?

新車を購入する時に一番安く車を購入する事ができる時期はいつなのか?これは誰もが思う事でしょう。ではいつが一番安く購入する事ができるのか?

決算期である3月が一番値引き額が大きくなります。次に値引きが大きいのは中間決算期の9月とボーナス時期の6月と12月になります。

この時期はディーラーの目標販売台数が高く設定されている為に値引きが期待できるという事になります。

決算期の値引きが大きくなる理由について

決算期の値引き

では「なぜ決算期に値引きが大きくなるのか?」という疑問がわきます。

それには自動車業界だけに限らず、決算期に合わせて業績を上げたいと言うのが実情になります。またこの時期に合わせて販売計画やノルマが増加する事も値引き額が大きくなる理由となります。

値引きの増大・オプションの品をサービス・特価での販売などの販売店側の対策になるのです。ユーザー側はこの対策で車の値引きが大きく安く買える等の理由につながって行くのです。

最大の値引きに必要なタイミングと条件は?

新車を購入するのに大きく値引きしてくれるのが、3月と9月というのがわかった所で、最大に値引きされる為に必要なタイミングや条件がまだあるのです。

①3月と9月で購入する場合

この時期が一番値引き額が大きくなるのですが、実はここに落とし穴があります。

値引きが出来るのは車を購入した日ではなく、陸運局に登録がされた日と言う事なのです。登録した月が変わると割引きにも影響がでるとう事になります。

陸運局に登録するまでの時間は約4日でかつ土日は登録できません。そうなると20日までが登録ベースで値引きが出来る契約日と言う事になります。

②登録可能な車種・グレード・色

登録ベースでその月の売り上げになるかならないかで区別される事ですから、既に工場の生産ラインに乗っている。又は在庫として出荷待ちの状態である物を選ぶことになります。

つまり、決算時期の20日前に契約しても、納車の日が5月や6月では値引きの対象外になってしまうのです。

③支払いは現金又は販売店ローン

「値引きの対象は登録ベースで」という事がわかったと思います。

後は支払い方法ですが、現金又は販売店ローンであればその日のうちに審査がある程度通過しますが、銀行などのローンを使用する場合には、審査に1週間以上かかる場合もあるので、審査が通ってから購入と言う事になるので、20日の1週間前には審査を受けておく必要があります。

④必要な書類は購入時には手元にあること

新車を購入する場合には、いろいろな書類を書かなければなりません。そのほとんどはディーラーがやってくれますが、印鑑証明や実印・保管場所使用承諾書などは、既に用意しておく方がいいでしょう。

自宅に置く場合なら問題ありませんが、駐車場を借りる場合には、保管場所使用承諾書は不動産会社などで記入する事になるので、必要以上な時間がかかる場合があります。

ディーラーでしてはいけない商談のNGポイント

商談のNGポイント

新車を購入しようとしてディーラーに行くのは普通の事ですか、いきなり担当の営業マンに「最大どのくらい値引きできるのか?」なんて聞くのは、確実にNGです。相手も人間ですから、いきなり値引きを最大限にしろなんて言われても…と言う事になります。

また違う車種と比較している事を言うのはいいのですが、違うメーカーの見積書を見せながらの交渉は止めておく方がいいでしょう。購入した後の事を考えずに目先の値引き額だけにとらわれてしまうと、後々の車検や整備費などで交渉がうまくいかない事も出てきます。

営業マンとうまく交渉する為には、数回ディーラーに言ってコミュニケーションをとって信頼関係を気づきあげてから値段の交渉をするのが一番です。

車を購入するのは大きなお金が動く事になります。値引きと言う言葉にすぐ話を持って行きたくなるのはわかります。目先の金額にとらわれてしまうと、後々受けられるはずのサービスなどが安く受けられることが出来ない場合もあります。

値引きするにもコミュニケーションを大事にすることで、営業マンももう少し頑張ろうと言う事になるのです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事の内容
閉じる